【心斎橋隠れ家美容室アリル・ブルー】髪の多い人、必見。正しいシャンプーで節約。ツーシャンのススメ。

  • HOME
  • お知らせ
  • 【心斎橋隠れ家美容室アリル・ブルー】髪の多い人、必見。正しいシャンプーで節約。ツーシャンのススメ。

こんにちは。南船場の小さいおじさん、モトノです。

一日精いっぱい活動して疲れて帰ってきて、

お風呂に入って、髪を洗う。

どんな季節でもなかなか面倒なことには変わりないですね。

 

ワンシャンで済まそうとしてシャンプー剤使いすぎているかもしれない。

 

普段、何気なく美容師の仕事してて当たり前になってて、

気が付かないことって結構あるんですよ。

 

先日、お客様とシャンプーの使い方の話になりまして、

髪が長くて多いからワンシャンだけで5~6プッシュくらい使うから

サロン専売品は高くて使う気になれないみたいな流れになったのです。

 

そんなにたくさん高濃度でシャンプー剤使うと

すすいだつもりでも残留する可能性もありますし、

残留して炎症おこしたりすることも考えられます。

頭皮の匂いの原因になるかもしれません。

 

そんなこんなで、これは記事にしなくてはと思い立った訳です。

 

今日は基本中の基本、シャンプーのお話です。

その前にこの記事を読んでみてください→https://matome.naver.jp/odai/2143398504823255301

 

正しいシャンプーの仕方。

予洗をしっかりしましょう。

 

シャンプー剤をつけて泡立てる前に

しっかりお湯で予洗します。

2分くらいが目安ですね。

この時点で大体の毛髪に付着した

スタイリング剤などは奇麗に落ちているはずです。

(濡れ髪っぽいスタイリングされてる場合はもう少ししっかり流しましょう。)

シャワーヘッドは手に持って

 

こんなイメージで高いところからシャワーのお湯をかぶってもダメです。

できるだけシャワーヘッドは頭皮に近づけてお湯をためるような感じですすぎましょう。

髪の長い方はうなじ付近に特にお湯が届きにくいですので、

イラストのようにしてしっかりお湯をなじませると良いですね。

 

ワンシャン目

 

まずはワンプッシュ弱のシャンプーを手に取って、

てのひらで少し泡立てるようにして頭頂部からなじませます。

そして、半プッシュシャンプーを手に取って、

同じようにてのひらに伸ばすようにして、

うなじ付近からなじませていきましょう。

 

あくまでも頭皮をきれいにするのが目的です。

毛先まで泡立てる必要はありません。

 

ワンシャン目は軽く全体にシャンプー剤がなじむ程度で構いません。

泡立ちが悪くても気にせずに一度お湯で流しましょう。

ここでのすすぎは完璧じゃなくて大丈夫です。テキトーでOK.

 

ツーシャン目

 

ワンシャン目はあくまでもツーシャン目へのイントロです。

ここから本気出していきましょう。

 

ワンシャン目でしっかり泡立てる準備は完了していますので、

ツーシャン目のシャンプー剤はワンシャン目の半分くらいの量を目安に

できるだけケチって使いましょう。

 

まずは半プッシュを頭頂部からつけてみてください。

泡立ちの違いに気づくと思います。

そのまま泡をうなじ付近までなじませるようにして、

髪が多い場合は⅓プッシュほど足してうなじ付近を泡立てていきましょう。

 

 

しっかり頭皮に泡が行き届いたら、

頭皮のマッサージ開始です。

 

指の腹?いえいえ、指の第一関節を使います。

 

さあ、気持ちのいいアワアワタイム。

しっかり、毛穴の一つ一つの根元にたまった脂汚れを落とす

イメージしながらマッサージしていきましょう。

 

美容師さんは長年の鍛錬により

指の腹でもしっかり気持ちのいいマッサージできますが、

女性、特にオシャレに敏感な女性って、爪長いじゃないですか。

そんな状態でしっかり毛根まで行き届いたマッサージができるとは思えないんですよね。

 

猫の手のフォームでマッサージ開始

 

はい、猫の手ニャン。

このフォームです。指の第一関節の外側を頭皮に当ててみましょう。

少ない力でツボ押し効果絶大。

普段使ってない皮膚なのでスピーディーにゴシゴシしない方がいいですよ。

痛いかもしれません。

しっかりゆっくり、〇を描くように↺↺↺と頭皮を絞るように動かしましょう。

 

頭皮のマッサージはとても気持ちがいいものです。

特に目の疲れにきくんです。

 

マッサージの仕方はまた別の機会に記事にしようと思います。

 

頭全体をしっかり揉みほぐせたら、

予洗の要領でしっかりすすぎます。

 

トリートメントは毛先だけ。髪は湯舟に浸けないように。

 

トリートメントは毛先メインで付けて、

サッと流します。頭皮には付けてはいけません。

 

長い髪の場合クリップなどでアップにしてから

湯舟に浸からないようにしましょう。

 

せっかくケアした髪の毛がお風呂のお湯に何分も浸かってると

ダメージの原因になりますから気を付けてください。

 

2種類のシャンプーを使い分け。

いかがでしょうか?

ツーシャンすることでシャンプーの使う量が半分くらいに

抑えられて、その上頭皮も清潔で健やかになるんです。

 

ワンシャン目はリーズナブルなシャンプーで。

 

ワンシャン目はツーシャン目よりも使う量が多いです。

ですから、少し安いシャンプーを使うのも有りです。

面倒くさいようですが、長い目でみるととても経済的。

 

ちなみにわたしのおススメはこちら。

香りは3種類から選べます。

千代田化学さんは余計なコストを省いて、

内容で勝負されているメーカーさんです。

ご家族みんなで使えると好評を頂いております。

 

ツーシャン目に贅沢なシャンプーを使います。

 

ツーシャン目は使う量も少ないので、

それぞれの髪質やダメージの度合いに合わせて、

贅沢なシャンプーを使いましょう。

 

今、一番人気はナプラさんのN.でしょうか?

ナプラ エヌドット シア シャンプー 300ml

 

私のおススメは、

フロムアースさん。アンチエイジング、殺菌、防臭しかも

全身洗えてお肌まで若返る。

指通りで選ぶならモコ。

しっかりアンチエイジングならムウムウって感じです。

両方とも少量で泡立ちが抜群なんですよ。

 

正しいシャンプーで髪健やかに

 

さて、いかがでしょうか?

 

二回洗うの面倒くさいかもしれませんが、

正しいシャンプーをすることで、

髪も元気になり、気になってた頭皮にニオイも気にならなくなれるんです。

 

髪はお肌と違って

自己再生しませんので、

できるだけ質の良いヘアケア商品を使って頂けることを強くお勧めします。

 

何年か前に、あるメーカーさんがアンケートとった結果、

パートナーの頭のニオイが気になる場合、

「別れる」って答えたひとが30%近くいたなんていう

怖ろしいデータも有ったりしますからね。

 

夏でも冬でも、一年中、

毎日、ツーシャン。頑張ってみてください。

 

ありがとうございました。